« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月11日 (火)

ブラスバンド

1294562319930

本格的に冬を感じます今日この頃

先日、友人のお嬢様が通っている学校の定期演奏会に行ってきました。


僕は、中学、高校とブラスバンド部に所属してまして

最近の高校生はどんなもんなんだろ?という思いで見てきました。


結果・・・

「うまい!」

のひとこと・・・。


全体のチューニングというのは

なかなか揃わないものなんですが

綺麗に揃ってました。


というか

このレベルだと、きっと当たり前w


僕はパーカッションをやっていたんですが

女の子の手首の柔らかさは、なかなかマネできるものではありません。


打楽器にとって、手首のしなやかさは命です。


小雨の降るなか、部室の外でシンバル打ち込みの練習を何時間もしたこと

先輩の技術に目を丸くしたこと

4泊5日の合宿で風呂もはいらずみんなで過ごしたこと

少年時代の憧憬のような、そんな思い出が

クラリネットの音を聞くと、昨日のように感じられます。


音楽というのは

例えば目の前のパンには勝てないけれど

人間の心の中に、必ず共鳴するものだと思っています。


とても良い時間を過ごせた、そして若さってすばらしい!

と痛感した一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

ナイルのたまもの

Winter_sky

2011年初ブログです。

明けましておめでとうございます。

製造業に限らず

日本企業の技術流出

アジア圏の利権を巡って

日夜マスメディアにて報道されてますが


欧州から

子羊のように狙われて

借金もあるなか

戦争の違約金を払い続け

とりあえずモノだけは揃っているこの国で

20代、10代の人たちは

なにか希望を持てるんでしょうか?


毎日毎日の瑣末な仕事をこなしている間に

大きな流れを意識する事はあまりありませんが

アジアの利権を食い尽くしたあとは

結局、また同じ業苦があるということに

頭のいい若者は気づくはずです。


現代文明は

例えば、エジプト文明や黄河文明など

今までの大きな文明から比べると

とても発展が早いと言われています。


早すぎるゆえ、滅亡も早いのでは、と言われています。

いま一度、エジプト文明の根底にあった

女性原理を(モノを破壊するのではなく、自然と共生する)

街をゆくおさな子の顔を見るたびに、ふと思う時があります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »